blog

August 18, 2018

 「広島 世界平和記念聖堂」

先日、スペインのサグラダファミリアの完成予定が

早まったという記事を目にしました。

私は、1998年にサグラダファミリア訪れています。

当時でも完成まであと数百年はかかると聞いて驚いたものでしたが、

さらに驚いたのは、この建築に日本人がたずさわっているということでした。

その人が有名な彫刻家・外尾悦郎。

サグラダファミリアを首が痛くなるほど見上げて、

こんなすごい教会を造る日本人ってどんな人なんだろうと

とても感動しました。

一度でいいからお会いしてみたいと願っていたところ

2016年8月にそのチャンスが訪れました。

広島旅行の最終日に、偶然通りかかった教会の前で、

外尾悦郎さんの講演会の案内を見たのでした。

エッ、あのサグラダファミリアを作っている外尾さんが?!

きょう、ここに来る?!

なんという偶然!なんというチャンス!

絶対にこの講演会を見逃すわけにはいかないと思い、

新幹線をキャンセルし...

August 11, 2018

8月11日は、山の日ですね。

上高地へ出かけました。

新鮮な空気を胸いっぱいに吸って

鳥のさえずりや山の風を感じて、

「新鮮な空気と爽やかな風」

心身ともに癒されました。

自然のちからは素晴らしいです。

途中で、野生のニホンザルの親子に出逢いました。

親ザルの真似をしながら、

「ニホンザルの赤ちゃん」

熊笹の新芽を吸う赤ちゃんザルのしぐさが

たまらなく可愛かったです☺。

***

August 7, 2018

少し前のこと。

朝、起きて鏡をのぞくとギョッとしました。

顔全体が赤く腫れあがっていたのです。

特に頬から目の周辺にかけては、

まるで特殊メイクでもしたかのように、

重たくぷっくりと盛り上がっていて、

これは大変!あわてて皮膚科へかけ込みました。

先生と話をするうちに、

原因は、特定はできないが、どうやら私が少し前に購入した

オーガニック系の化粧水にあるのではないかと、いうことになり、

使用を止めるようにアドバイスされ、塗り薬と内服薬を処方されました。

少し前に購入したオーガニック系の化粧水、

それは、白バラ花水が入った植物性由来の化粧水。

(暑い日が続いていたので、白バラの香りに癒されていた)

無添加・植物由来・自然派・オーガニック認証をうたっているものでした。

私は2014年にオーガニックコーディネーターの資格を取得していますが、

「ウソをつく化粧品/大澤貴子著」

食品の他にオーガニック化粧品についても一応学んでいます...

July 14, 2018

ずっと以前、日本でもベストセラーになった「アミ 小さな宇宙人」の中に

こんなくだりがあります。

(p.228 宇宙人アミと少年ペドゥリートの会話)

「どうしてきみのおばあちゃんに、その“クルミ”をもっていってあげたいの?」

「きっと、おばあちゃん、食べたらおいしいって言うからね」

「おばあちゃんの口に合ったら、いいと思うわけ?」

「もちろん」

「どうして?」

「アミ 小さな宇宙人/エンリケ・バリオス著/石原彰二訳」
 

「きっと気に入って…よろこんでくれるから…」

「どうして、おばあちゃんによろこんでもらいたいの?」

「だって、おばあちゃんのこと、愛しているもん」

「だから“クルミ”が気に入ってくれて、よろこんでくれて、幸せに感じてくれるように?」

「うん、そのとおりだよ」

「神はなんのためにひとや風景や世界やそのほか、味覚とか臭覚とか色をつくったの?」

「ぼくたちが幸せになるように!」

“クルミ”を“料理”に置き換...

June 26, 2018

夏至が過ぎて、夏も近くなってきたという感じですが、

夏至と言えば、2016年のコペンハーゲンで遭遇したものがかなり印象的です。

街を歩いていたら突然、大音響が聞こえてきたので、そちらを振り向くと

横断幕や花で飾り付けされた派手なトラックが、

白い帽子をかぶった若い男女をわんさか乗せて走ってくるではありませんか!

それも1台ではなく次々にやってくるんです。

「大音響とともにやってきた白帽の高校生たち」

あっけにとられて見ていると、近くにいた地元らしき人が、

「高校生が試験を終えていよいよ卒業するので、そのお祝いなんですよ」

と、教えてくれました。

「グループごとに飾り付けが違うド派手トラック」

でも、高校の卒業でこれほどのお祭り騒ぎをするものなのかと、

日本と比べるとすいぶん派手だなと思いましたが、

こちらでは高校の卒業試験がとてもハードで、

みんな一生懸命に勉強をして試験にパスするのだとか。

それに暗くて寒い北欧の長...

June 19, 2018

「材料をすべてジッパー付き袋に入れる」

青梅の糀しょう油漬けを少量で漬けたい時は、

厚手のジッパー付き袋が便利です。

この記事の最後に記した材料を袋に入れて空気を抜き、

直射日光の当たらない場所で、

「丸3年経過した青梅、驚くほどまろやかな味に」

ひと月ほど漬けると、

糀と昆布の旨みがしみ込んだ青梅の糀しょう油漬けができ上ります。

もちろん糀しょう油もおいしいので、料理に活用できます。

時々、袋の上から軽くもみ、全体を馴染ませます。

「多く漬ける時は保存ビンで」

「糀しょう油」と「しょう油糀」、ちょっと紛らわしいですが、

糀としょう油の割合の違いを示すために

個人的に便宜上使い分けているだけです。

この糀しょう油は、しょう油糀よりも糀が少ないです。

梅はそのまま食べてもおいしいですし、

刻んでサラダに混ぜたり、おむすびにしたり。

中でも炊きたてのご飯のおともはさいこうです。


 

【青梅の糀しょう油漬けの材料】

*青梅 Lサイズ...

June 14, 2018

地のものをいただくということは、

その土地のエネルギーも一緒にとり入れることになります。

木々のそよぎと葉擦れの音、

鳥のさえずりや虫の鳴き声まですべてが料理と合わさり、

それが五感がよみがえさせ、癒し、

よけいな考えをもそぎ落としてくれるのです。

地のものは、過去も未来も考えないで

いまのこの瞬間を感じて欲しいと言っています。

さっきまで欲しがっていたものが、どうでもよく思えてきたり、

心配ごともちっぽけに感じられたり。。

ひと口ひと口じっくりと味わうごとに

からだと心の軸が戻っていくのがわかります。


***

June 7, 2018

「ダネッツプロフェッショナルブレンダー」

最近購入した、ダネッツプロフェッショナルブレンダー

野菜ジュースやスープなど

いろいろと作って楽しんでいます。

私がもっとも気に入っているのが、

浸水した生の大豆から豆乳が作れるメニューです。

生の大豆と水を徐々に加温しながら粉砕して、

「クリーミーな大豆マヨネーズ」

10分ほどでアツアツの豆乳ができ上ります。

でも少し、大豆の匂いが気になるので、

大豆を圧力鍋で煮て、それからブレンダーにかけています。

また水を少し減らして作ると、クリームのような濃厚豆乳ができ上ります。

それに米酢と塩を加えて、大豆マヨネーズも作っています。

シンプルながら大豆の美味しさがわかるマヨネーズです。

***

April 16, 2018

「春の糀料理教室」

糀料理クラスでは、春におすすめの糀料理をご紹介していますが、

ご試食の前に本葛粉で作る「くず練り」をお出ししています。

その理由とは。。。

本葛粉は肝臓や腎臓の機能を高め、

血液をきれいにしてくれることは良く知られていますが、

痛みや炎症のある部分を和らげたり、

老廃物の排泄を促すことで老化を遅らせるという素晴らしい働きもあるそうです。

そしてくず練りを毎日摂っていると、便秘が解消されていきます。

これについては実践で明らかになります!

私は朝・昼・晩、または朝と晩の食事前に摂っていますが、

日に1回でも良いので、続けることが大切です。

また温かいくず練りが一定時間、胃腸がとどまるため、

からだ全体が温まり、その後の食事の消化が良くなります。

寒暖の差の大きい春先は、心身も緊張しやすくなりますので、

食事の前にとろみのある温かなくず練りで緊張を和らげましょう。

以上が、春は糀料理+くず練りのおすすめ理...

April 6, 2018

『Koji Lesson 』

久しぶりにレッスン風景をアップしました。

それというのも10年間の料理教室で、

初めて、海外からのレッスン生をお迎えしたからです。

いまさら言うのもなんですが、グローバル社会なんですね。

それにSNSは、確実に世界を近くしていると実感しました。


 


 

『苺大福の求肥を練っているところ』

さて、私の米糀レッスンに参加されたのは、

オーストラリアで日本食カフェを経営されているオーナーさんと留学生のお二人です。

完璧な通訳の方がご一緒ということもあり、

今回レッスンをお受けしました。

プライベートでも海外からのゲストと一緒に料理を作ることはありますが、

レッスンとなると私も準備に余念がありません。

『左からアシスタント・通訳の方・そして私』

熟練のアシスタントとともに甘酒をはじめ

米糀を使った発酵調味料のデモンストレーションを中心にクラスをすすめました。

甘酒のデモンストレーションでは、実際にお...

Please reload

Mai5han Kitchen

Recent Posts

August 18, 2018

August 11, 2018

July 14, 2018

Please reload

Search By Tags
Please reload

© 2015 by mai5han kitchen