有機米の勉強会

『有機米の勉強会』

 

7月26日、大畑農場さんを講師に迎えて、

有機米の勉強会を開きました。

 

毎日、頂いている大畑農場さんの有機米が

どのように作られているのか、

 

農薬や化学肥料、除草剤を使わずに作る方法とはいったい。

それは、以前から知りたいことでした。

 

念願かなっての勉強会には、

9名の方がご参加されました。

 

主に、田植え前の準備から田植えを終えてからの管理を

お持ちいただいた資料をもとに、

 

パワーポイントを使って、

分かりやすく解説していただきました

 

 

 

『ほ場の様子を映像で見ながらの勉強会』

 

稲作作りは、草取りが大変!と言われていますが、

大畑農場さんでは、できる限り草が生えないようにすることと

 

生えても伸びないようにする方法を、

自然のちからを利用して行っています。

 

また、田んぼにはたくさんの生物が生息していて、

それを鳥が食べにくるなど、まさにそこはビオトープ。

 

大畑農場さんの広大なほ場には、

先代が作った深さ80メートルの深い井戸があり、

 

豊かで清らかな水量が確保できるとのことです。

大きなポンプからは、水が流れ出て田んぼを潤していきます。

 

それが有機稲作栽培に欠かせない重要な要素とのことでした。

自然のちからを上手く利用してこそが、有機稲作りの第一歩。

 

広大なほ場をお一人で管理することはとてもたいへんそう!?と

思っていましたが、発想の転換という考えも

含まれているように感じました。

 

 

あらかじめ許可をいただいて、写真を撮らせていただきました。

今年の田植えが終わって2週間ほど経過した田の様子です。

 

 

 

**

 

 『昼食会』

 

さて、勉強会の後はお楽しみの昼食会です。

総勢11名分の仕込みは前日から行い、

 

当日はお手伝いをしていただき、無事に用意ができました。

ありがとうございます。

 

大畑農場さんのお米と、風の谷農場さんの野菜を使った

新鮮で美味しい夏のランチプレートは、

 

土鍋炊きの黒米入りご飯とモロヘイヤとトマトと豆腐のお吸い物、

8種の惣菜に2種のデザート。

 

生産者の方に、召し上がっていただけたことは

私にとっても良い機会でした。

 

 

 

 

『野草酵素ジュース』

 

大畑農場の奥様から、20種類以上の薬草を使った

手作りの薬草酵素ジュースをいただきました。

 

以前、雑誌の特集でこちらの薬草酵素ジュースを拝見して、

今回、無理を言って分けていただいたのでした。

 

春と秋に仕込む2種類の酵素ジュースは、

異なる風味があります。

 

春に仕込んだものは、ほのかな苦味を、

秋の仕込みは、まろやかな甘みを感じました。

 

埼玉県内でも有数の有機稲作栽培の大畑農場さん。

勉強会を終えた今、尊敬の念は一層深まるのでした

 

 有機米の美味しさ、素晴らしさを多くの人に知っていただければと思い、

次回の企画も考え始めています。

 

*****
 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts

August 18, 2018

August 11, 2018

July 14, 2018

Please reload

Search By Tags

© 2015 by mai5han kitchen

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now