菊花と梨の酢の物

October 11, 2015

 

『菊花と梨の酢の物』

 

延命楽・別名もってのほか

という品種の食用菊と梨を合せた酢の物です。

 

もってのほかは、黄色い菊花よりも

花びらが大きく、シャキシャキとした食感が特徴的です。

 

ガクから花びらをつま取り、

ザルに入れて振り洗いをして、小さな虫や汚れを落とします。

 

次に酢と塩を入れた熱湯で

さっと茹でて盆ざるに上げておきます。

 

梨は薄く切ってから細長く切り揃え、

冷ましてから水気を絞った、もってのほかと

 

ボウルの中で混ぜ、調味液を加えて和えます。

調味液は、甘酒酢または米酢・薄口しょうゆ・塩ですが、

 

塩を加えると梨の甘さがさらに引き立つので、

甘味を加えていません。

 

 

『菊は、たんぽぽやひまわりと同じキク科・キク属』

 

そのまま食べることが多い梨ですが、

菊花と和えると秋らしいひと品ができます。

 

薬膳料理店へ行くと、乾燥菊花入りのお茶を出されることがあります。

かつて9月9日の重陽の節句では、菊花で不老長寿を祝っていたそうです。

 

菊は、花びらに思われる一枚一枚が、実は花。

それぞれにめしべとおしべが付いているのですから驚きです。

 

目の疲れを取り、良い血液を作るもととも言われる菊花、

地元でも今が旬のようです。

 

【材料】

菊花・梨・甘酒酢・薄口しょうゆ・塩

 

 

***

 

Please reload

Recent Posts

August 18, 2018

August 11, 2018

July 14, 2018

Please reload

Search By Tags

© 2015 by mai5han kitchen

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now