たった1行の教え

March 16, 2016

 

『たった1行の教え』

 

日本人の祖先は米や野菜、少しの魚を中心とした質素な食事をしてきました。

今の私たちもその流れを受け継ぎ多くの人がお米を主食とし、季節の野菜を食しています。

 

ですが、戦後70年の間に食のあり方が大きく変わってきました。

世界中の食材が手に入り、各国の珍しい料理も味わえるようになり、

 

また食の情報も広がる一方です。一見しあわせなことですが、

半面、警鐘を鳴らす専門家もいます。

 

ずいぶん前になりますが、『何千年も続けられてきた粒食文化(米食文化)を急激に変えてはいけない』

という本を読んだ時、お米の大切さをこころから実感したことを今でも覚えています。

 

たった1行の教え、それは学校の授業やセミナーを何時間も受けるより

はるかに理解できました。

 

先人たちがこれは良いと思ったことを教えてくれたのですから、

私たちもそれを後世に伝える責務があります。

 

まいごはんキッチンでは米・季節の野菜・海藻・豆・発酵食品など、

器や盛り付けは違っていても使う食材は戦前とあまり変わりません。

 

子どもから高齢者まで幅広く召し上がってもらえて、

消化に良く、食べるとストンと腑に落ちる。

 

そういう食べものが、ほんとうの意味の“人に良いもの”だと思います。

日々のご飯が人に良いものであれば、人は誰もが健康でしあわせになれるのでは。

 

【レッスンにご参加いただいた方からのご感想です】

★長ねぎのスープを子どもが美味しいと何度もお代わりをしてくれました。

★職場に大豆粉のクッキーを持参。食べやすかったです。

★食べた後は十分満足感がありましたが、夕食の頃にはしっかりとお腹が空きました。

★全部いただいたのに消化が良いことに驚きました。など。

 

今後も皆さんと一緒に、身体とこころと環境にやさしいご食事作りを

目指していきたいと思います。ありがとうございました。

 

Please reload

Recent Posts

August 18, 2018

August 11, 2018

July 14, 2018

Please reload

Search By Tags

© 2015 by mai5han kitchen

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now