たけこの芋と粟麩の炊き合わせ

January 14, 2016

『たけこの芋と粟麩の炊き合わせ』

 

たけのこ芋と粟麩を炊き合わせを作りました。

たけのこ芋は、別名京いもとも呼ばれ、

 

同じ芋でも、そのほくほくとした食感は里芋とは異なり、

どちらかと言うと八つ頭に近く、ぬめりも少なくきめ細かさが特徴です。

 

たけのこ芋は皮をむき、面取りをしてから薄口しょう油と昆布のだしで煮ます。

基本的には下茹でなしでも大丈夫なのですが、今日は炊き合わせなので、

 

一応下茹でしてから、だし汁でに煮含めました。

長く煮ると煮崩れをしますので、竹串がすっと通ればOKです。

 

粟麩は、水で濡らした包丁で厚めに切り、

バッドに置いて、油をまぶしておくとくっつきません。

 

170℃の植物油でこんがりと揚げ色がつくまで揚げて、

すぐにだしじょう油につけ、揚げびたしにします。

 

さっと茹でた小松菜も添えて出来上がりです。

揚げびたしの粟麩だけでも立派なおかずですが、

 

 たけのこ芋または里芋や八つ頭と合わせると

一層料理らしくなります。

***

 

Please reload

Recent Posts

August 18, 2018

August 11, 2018

July 14, 2018

Please reload

Search By Tags

© 2015 by mai5han kitchen

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now