七草粥

January 7, 2017

 『十の利益があると言われる七草粥』

 

 

お正月飾りがとれて、今日は七草粥でしたね。

 

皆さん、召し上がりましたか?

 

 

スーパーマーケットや八百屋さんで売られている、

 

パックに入ったあの便利な七草粥セットで、わが家でも作りましたよ。

 

 

お粥は生米から炊きますが、さっと茹でた七草を加えるだけで

 

手間なく春の七草粥ができました。

 

 

さて、7日に七草粥をいただくという風習ですが、

 

お正月にお食べ過ぎて疲れた胃腸をいたわるためだけではないようですね。

 

 

調べてみると、七草粥にはなんと十の利益があるそうです。

 

その十の利益とは、

① 血行が良くなる

➁ 気力が増す

③ 長生きする

④ からだが楽になる

⑤ 言葉が明瞭になる 

⑥ 胸焼けしない

⑦ 風邪をひかない

⑧ 消化吸収が良い

⑨ 渇きを止める

⑩ 便通が良くなる

 

どれもからだに良い利益ですね。

 

七草粥をいただいた後は、胃もたれがなく消化が良いようですし、

 

食べ過ぎないので頭が冴え、仕事もはかどる気がします。

 

 

この七草粥の風習は、もともとは中国の五節句・人日の節句からきているようです。

 

人日は古代中国の行事で、この日はたとえ悪いことをした人でも

 

 

処罰をしない日と決められていて、

 

七種類の野菜を入れた羹(あつもの)をいただく習慣があったようです。

 

 

それが平安時代に日本に伝わって、七草粥になったようです。

 

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろと

 

 

七種類が入ったお粥は、からだも心もスッキリとさせてくれるだけでなく、

 

人の罪も許しなさい、と教えてくれているみたいですね。

 

 

今年も皆さんと一緒に、素晴しい年を過ごしたいと思います!

 

(人にも自分にもやさしく。。。)

 

 

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

 

***

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts

August 18, 2018

August 11, 2018

July 14, 2018

Please reload

Search By Tags

© 2015 by mai5han kitchen

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now